読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PipoLogic

自分と誰かの役に立つといいなと思って書いてる備忘録

女34歳からのOターン転職・1

転職

どうもこんにちは、ピーポーと申します。
そう若くない技術もない女が人生4度目の転職を計画し
なんとか上手い事1か月で内定を獲得することができたので
その経緯を書き留めておこうと思います。 f:id:pipologic:20161221213125j:plain

ところで1回田舎に行って都会に戻ってくることをO(オー)ターンと言うらしい。へー。

いままでの経歴

  1. 専門卒
  2. WEBデザイナー(東京) 4年
  3. プリセールス(東京) 5年
  4. システム運用兼プロマネ(京都) 3年
  5. Windowsアプリ開発(茨城) 1年

フロントエンドもバックエンドもインフラも中途半端でまったく技術に自信なし。
今は茨城県に住んでて都内に転職希望。34歳女。現在の年収390万。

つらー。言ってて悲しくなる。
やたら情報処理系の資格を持っているのと
働きながら大卒資格を取ったので書類上は四大卒扱いなのが少しだけ救い。

転職の理由

今まで転職回数が多い理由は
「転勤族の夫の転勤に付き合っていたから」
転職回数多いと理由に関わらずお見送りの会社もあるので
不利ですよね。仕方ないけどさ。

ちなみに今回の転職の理由は
「夫とは離婚したのでもっといい給料をくれる都会の会社で働きたいから」
離婚というのは超私的な理由ではありますが
特に女性が働く上ではその辺をきちんと説明せざるを得ないと考えたので
職務経歴書にも正直に記載しました。

夫の転勤によりキャリアが左右されてしまうことに悩み
そのことについて夫婦でよく話し合った結果
協議離婚が成立し、転職を決意いたしました。

的な感じで。まーそんなことまで書かなくてもいいかもしれないけど
そうしないとまた転勤があるのでは?と思われて書類が通らない可能性があると思ったから一応。

離婚が原因で転職をする場合、相手と揉めてないアピールは必要かもしれない。
そこでトラブルがある空気を出してしまうと
自分の仕事の遂行能力にケチがつく気がします。
本当の離婚理由とは多少違ってもそれくらいは上手く嘘をつけばいいと思うよ

転職のためにまずやったこと

ビズリーチはよくCMをみかけるので
どんなもんか興味がでて登録してみた。
登録すると同じエージェントからしつこくメッセージが来てモテモテ気分を味わえる
別に返事しないだけだから困らないけど大変だなとは思う。

ちなみにビズリーチは有料サイトを謳っているけど
キャンペーンだか何だかで一円も払ってない。
多分これ、年中キャンペーン期間なんじゃなかろうか。
転職者としては有料でも登録する価値ありとは思えなかった。
iOSアプリがあるのは良い。

キャリアカーバーはこの記事

codeiq.jp

を読んで、デキるエージェントに会えるなら
面白そうだから会いたいなーと思って登録してみた。
ビズリーチに比べてしつこいエージェントは少なめ
モテモテ気分を味わいたい人には不向き。

比較しても、私はどっちのサイトも大して違いを感じられなかったので
相性の良いエージェントや会社に出会うために両方登録して
幅広くご縁を探すのが正解ではないかと思う。

ちなみにリクナビとかの
いわゆる転職サイトは今回使いませんでした。
だって転職サイトに載ってるITの仕事って特定派遣ばっかりじゃない?
特定派遣の会社を否定はしませんが個人的にあまり好きじゃないの…)

転職エージェントに会ってみる

ビズリーチやキャリアカーバーに登録すると
キャリアコンサルタントや人材エージェントという方からのメッセージが大量に届きます。
その中から良さげな方と会ってみることにしました

ちなみに私は茨城県在住ですが面談場所は都内です(都内勤務希望だから仕方ない…)
行き帰りにかかるコストは往復5時間、金額8000円くらい。
何回も行くの勿体ないので予定を圧縮して1日で4人と会ってきました。
電話面談とかやってくれる人もいるけど、できる限り直接会った方がいいと思う。
もし応募をお願いするとしたら、相手を信用して全部任せないといけないわけだし。

1人目 フリーエージェント Aさん

ビズリーチから。大手R社の社内SEポジションで連絡あり。
話を聞いてみると元R社の人事で今はフリーのエージェントをやってるとのこと
当然R社のことには詳しく色々教えてもらえたのは良かった。

しかし、正直私はそんなに大手志向がないので超大手R社様にそこまで興味がないのと
私の経歴を一切確認してこなかったので
この人にお願いしても渡した書類をR社にただ送るだけなんだろうなと感じ
え、そんなん自分でやったほうがよくね?と思ってしまったので
今後のお付き合いは見合わせ。

2人目 エージェント会社社長 Bさん

キャリアカーバーから。Aさんと同じR社の案件で連絡あり。
求職者向けのコンサル(面接対策とか書類対策とか)もやっている方らしく
持って行った職務経歴書をものすごく時間をかけてレビューしてくださった。

Bさんの言うとおりに修正した職務経歴書
後に応募した会社から何度も褒めてもらえるようなドキュメントに仕上がった。
自信のない方は一度、そういう対策系を強みにしてるキャリアコンサルに
会いに行くといいと思う。やっぱりプロに任せると違うわー。

ただ、Bさんは面接対策も丁寧なので
面接は1日1社しか受けさせませんというスタンスだった
毎回フィードバックをくれて次の面接に生かせるように指導してくれるらしい。
それは有難いんですが…毎回お金と時間かけて上京しないといけない
私とはスピード感が合わないのでお付き合いは見合わせることにした。

3人目 零細エージェント会社 シニアコンサルタントCさん

ビズリーチから。スタートアップ系の案件がありますーとだけ連絡あり。
会ってみて、口臭がする、服装が不潔、などすごく感じが悪い。

私の経歴確認だけして案件の説明なし
「あなたは歳が残念だな~もう少し若ければな~」と何回も言ってくる

うっせーバーカバーカ!!!
…ババアなのは認めるが年齢は改善のしようがないので指摘されても困る。

挙句の果てにこちらの意思も聞かずに勝手に企業に応募して
「書類通りました」と連絡して来たので
案件のお断りと渡した個人情報の破棄を丁重にお願いした。

4人目 大手人材紹介エージェントT社 Dさん

キャリアカーバーから。某大手保険会社の社内SEの案件で連絡あり。
うわっ…私の年収低すぎ…?の広告でおなじみの会社です。

T社はキャリアカーバーで連絡取った人と
そのあと実際にメールくれた人が当然のように別人だったり(役割分担してんの??)
何の説明もなくT社のサイトに事前登録を求められたり
いちいち説明不足だしなんなのこの会社超イライラする…と
私としてはかなりテンションが低めでした。

しかし、担当のDさんは会ってみれば普通の爽やかお兄さんで
人当たりが良く
ちゃんと勉強しているようで専門用語も通じるし
普通に良い人でした。

私に紹介可能な求人票の束をその場で50件程度いただいて
興味のあるものに応募してほしいと言われる。

この情報量は大手ならではという感じがするし
応募はT社の専用WEBサイト上からボタン1つでできるからとても簡単だった。
(後でこの簡単さに苦しめられることになるのですが…)
個人のエージェントではこうはいかないと思う。

そのスピード感と情報量が気に入ったので
とりあえずDさんに全てお任せするつもりで
基本的に応募はT社経由ですることに決めました。
やっぱり会ってみないと解らないものだなーと思います。

長くなりそうなので記事を分けて続きます